赤帽で引越し!安いだけでなく丁寧な対応で助かりました。

 

知人が以前使って良かったと言っていたので赤帽に引越しを依頼しました。

 

ベッド、冷蔵庫、洗濯機など大きいものだけを運んでもらって安く利用させてくれました。

 

ダンボールや、食器を包むプチプチ、服をたたまなくても掛けて運べるものなど色々準備していただけました。
ネットで見ると、赤帽の引越し担当は当たり外れがあるらしいと聞いて緊張していましたが杞憂でした。

 

運んでくれる方も、すごく親切で話もしやすく、色々細かく説明しながら準備してくれました。

 

引越し先の入り口が狭くベッドが運べ込めそうになかったのですが、色々考えながらうまく運び込んでくれました。

 

その他の物は手際良く運んでくれました。

 

引越しの多い時期にお願いしてしまったので、なかなか都合のあう日がなかったのですが、合間などにあわせて来てくれました。

 

赤帽の引越しは安いだけでなく、こちらの都合に極力合わせていただけたのですごく感謝しています。

 

全体的な時間も2〜3時間負担はなかったと思います。

 

 

 

必要ない物はこの機会に全て処分して、荷物を減らす。

 

ダンボール箱に運ぶ場所、中に何が入っているか、優先順位を書き込んで、中も分かりやすく分けておく。

 

自分でも運べるぐらいのダンボール箱を用意する。

 

子どものおもちゃが入っていたダンボール箱が意外に使いやすかったです。

 

クーラーボックスも用意して冷蔵庫のものも引越し直前に入れる。

 

服をたたまずに、掛けて運んでもらえる物もあると思うので、それは業者さんのサービスで確認してかしてもらえるものは貸してもらう。

 

すごく便利でした。

 

タンスの中身は、下着類は箱や袋やバッグに移し、一緒にそのまま運べそうなものはそのまま。

 

タンスの中身が出てこないように、引き出しを留めておく。

 

赤帽で気持ちの良い引越しが出来ました♪

 

インターネットで見積もりをしてもらい、赤帽に決めました。

 

何社か見積もりをしてもらいましたが、ここが一番丁寧な対応で分かりやすく対応してくれました。

 

荷物の数や値段の見積もりがスムーズで、電話対応も丁寧で、何度か電話で聞きたいことがあったのですが、その度に心地よい対応をしてもらって、ここに決めてよかったなと思いました。

 

当日は予定より早く伺えますとのことで、予定より早く来てもらって明るいうちに引っ越しできたのでとても助かりました。

 

荷物の運搬も的確で安全、配慮がなされてるなと感じる対応でした。

 

当日は電話で連絡をとってくれて、安心でしたし、丁寧かつ迅速な対応でとても好印象でした。

 

また機会があればここを了解したいですし、友達にも紹介したいなと思います。

 

 

引っ越しのコツは、できるだけ混み合う土日祝日は避けて平日を利用することです。

 

また、引っ越しのシーズン(2?3月)も避けられるのであれば避けるにこしたことは無いと思います。

 

多忙な時期や時間帯を業者の方に事前に聞いておいておくと良いかと思います。

 

余裕のある時間帯に設定しておけば業者の方の対応もより丁寧にしていただけます。

 

どの業者にお願いするのか迷ったときは、引っ越し経験のある知人や友人、またインターネットの口コミを参考にするのが良いと思います。

 

複数の業者に見積もり依頼を行うと、業者から続々と電話連絡が届いてバタバタしてしまいます。

 

費用を抑えたい場合は複数の業者の方の話や金額を聞くのはやむを得ないと思います。

 

ただ、業者の担当者によっては強引な方もいらっしゃるのであらかじめ覚悟しておき、断るときはハッキリとお伝えすることが肝心だと思います。

 

 

赤帽に決める際、以下のサイトを参考にしました(安くするコツが沢山書かれています)
<リンク> 赤帽引っ越しが半額.com

赤帽の単身引越し体験談

 

楽しい引越しが出来ました

 

今から七年前、赤帽の引越しを利用し、千葉県市原市から千葉県市川市へ居住地を変えた時の話しです。

 

赤帽の引越し料金を【徹底的に】安くする方法

荷物としては、一人暮らしでしたので、大した量でもなく、小さな軽トラックで充分でした。

 

朝から来てもらい、ドライバーさんと私と二人で、一時間程かけて積み込み作業を終え、トラックの助手席に乗せてもらって、引越し先へ向かいました。

 

道中、私より十歳位上のドライバーさんは、過去の引越しの話をしてくれて、それはそれは楽しいドライブでした。

 

途中、コンビニで休憩をとったので、飲み物をおごらせてもらいました。

 

夏の暑い日、とても喜んでもらい、私も嬉しかったのを覚えています。

 

引越し先でも、テキパキと荷下ろしを進めてもらい、あっという間に完了。

 

プロの仕事を垣間見たなぁ、と感心しきりでした。

 

 

ゴミ捨てと梱包のコツ

まずは、引越しの日を決めたら、ゴミ収集日を確認します。

 

パズルのように、引越し当日までに、捨てるゴミを全て捨てられるように計算していくのです。

 

引越しは、断捨離のいい機会ですから。

 

そして、業者を選ぶ前に、知り合いに頼めないか考えてみる。

 

お昼ご飯を奢ってあげれば、喜んで手伝ってくれる人も、中には居るものです。

 

業者に頼む場合、どんなサービスが受けられるか必ず確認すること。

 

楽できる部分は、楽した方がいいです。

 

引越しはエネルギーを使いますから。

 

あとは、段ボールを貰ってくるなら、飲料の段ボールがオススメです。

 

重い物を入れる段ボールの方が丈夫です。

 

とはいえ、本なんかは、入れ過ぎないようにしましょう。

 

小さめの段ボールに小分けして下さい。

 

底が抜けます。

赤帽での引越しが手間だと感じたのを思い直したきっかけ

 

一緒にやるからこそ、納得のいく引越しが出来るのかもしれない

 

赤帽の引越し料金を【徹底的に】安くする方法

赤帽さんは安い代わりにドライバーさん一人だけで、基本は自分たちで荷物を運ばないといけなかったのでとても大変でした。

 

(もちろん、重い荷物はドライバーさんが積極的に運んで下さりましたが…)

 

次引っ越しする時はアート引越しセンターやアリさんマークの引越し屋さんなど大手の会社に頼みたいと思いました。

 

私の兄夫婦は、アート引越しセンターでその時、少し手伝いに行ったのですが、アート引越しセンターの人はすごい人数でとても早く、兄夫婦は荷造りも終わってなかったのに、詰める作業もしていて、すごいと思いました。

 

ですが、早くしてくれるのはいいのですが、テキパキしすぎてちょっと怖い感じもありました。

 

今思うと、赤帽のドライバーさんは雑談を含めて色々話しかけてくれたりしてとても引越ししやすかったなと…。

 

人によって価値観は様々ですが、自分が追いつけず、どんどん物事が進められるのが苦手な方には赤帽の方が良いのかもしれません。

 

当日こうしてほしい!的な意見も極力聞いて下さったので…。

 

 

 

私は引越しは全部で4回しましたが、1度だけしか業者さんには頼みませんでした。

 

業者さんも、赤帽だったのでほぼ自分で荷物を運ばないといけませんでした。

 

なので、自分で運べる範囲の大きさの段ボールに荷物を詰め込みました。

 

あと、荷造りの時に、丁寧にしていたらなかなか終わらなかったので、いる物といらないものをゴミ袋にどんどん入れていき、いらない物で、使えそうな物は全てリサイクルショップに持って行きました。

 

とにかく引越しの時はできるだけ荷物を減らすようにしていました。

 

そうすると、整理整頓もしやすくなるし、リサイクルショップに持っていけば少しでも家計の足しになったので。

 

いる物は段ボールに入れて、何が入っているか、細かく書くようにしました。

 

引越し先で、1日では、段ボールを全て開けることは難しかったりするのでその時のために細かく書いて、その日に必要な物をすぐに出せるようにしました。

 

自分たちで運べる物を運んで引越し費用を削減してみた

 

大体の荷物は自家用車で運んだので、冷蔵庫等大きな電化製品や家具を赤帽に頼んで運んでもらいました。

 

自分たちで前もってやったのもあり、金額はかなり安かった記憶がありますし、営業さんが値引きをしてくれたのでとても助かりました。

 

当日は、50代くらいのオジサン一人が軽トラック(幌付き)できてくださいました。

 

とても気さくな方で、こちらの意見を嫌な顔せずに聞いてくれたので荷物に傷がつくこともなくスムーズに終わりました。

 

こんなにスムーズに終わるのであれば自家用車で何度も新居を行き来するよりも、初めから頼んでおけばよかったと後悔しました。

 

作業員さんいわく、トラックに入るのなら金額はさほど変わらないとのこと…。

 

もし次があったら他の荷物も込みで頼んでしまおうかと思っています。

 

 

段ボールの取扱いについて

 

引っ越しの際に必要な段ボールについて、ひとつアドバイスを…。

 

わざわざスーパーなどに行って頂いて来たり手間がかかるのに、引っ越しが終われば、場所をとり、とても邪魔ですよね。新しい引っ越し先の資源ごみの日もよくわからないし…

 

段ボールは極力使わないほうがいいですよ!!

 

割れないものはごみ袋で十分です。

 

本は最近百均で売っているビニール梱包テープで十分です。

 

ビニール袋(45リットル)をよく使いました。捨てやすいですしね。

 

最近の引っ越しで公開したことは、冷蔵庫を運ぶ際に床を傷つけてしましました。

 

旦那は自分の力に自身があったそうで、あまり口出しなかったのですが、重い荷物を運ぶ際には床に毛布等を引き、引きずっても傷がつかないように対策しましょう。

 

更新履歴